やめようと思ってたけど楽しいから続けるね。ヨロ!森川先生に教えていただいたこと

やめようと思ってたけど楽しいから続けるね。ヨロ!森川先生に教えていただいたこと

めちゃんこ夜なんだけれども、Twitterには、かけない重たい話を書く。
実は最近「親にめんどくさいことを、やるな。」(めんどくさいこと、と言うのは4大学連携オーキャンの話とラジオのことね)って言われてさ、
「やめようかな」って思ったりもしてさ。。。

弱いでしょ笑
なぜかって佐野って一人子だから親に甘えやすいんだ。だから親が否定することなんて、やったら否定されて「やるな。」って言われたら、親の機嫌を保つためにさ。だから親の言う通りに「やめようかな」って思ってた。

でもさ、今日は突如午前の0時から森川先生から「ラジオのネタあるよー」って連絡が来ておきながら知らないうちに全く関係ない話になったんだけど、その話の中に、森川先生がイベントで感じるのは、
「すごいから楽しい」ではなくて、
「楽しいからすごい」ってことを聞いて、自分に当てはめた時に

こうやって、1年生で受けた発送法演習という、授業で自分から「これ楽しいな」と思えることが今やっているプロジェクトであって、この「楽しいな」って思えることを親の様子を伺うために「辞める」という決断はあまりにも自分にとって最悪な判断になってしまう。って思った。

結論何が書きたいかと言うと
実は「やめようとしていた」けれど、「楽しいからこのプロジェクトつづけるよ!ヨロ!」ってこと

コメントは受け付けていません。