6月25日活動報告

6月25日活動報告

会議内容

  • ライブ配信の方法に関する議論
  • ライブでやるのかオフラインでやるのかに関する議論

ライブ配信の方法


一番の理想はYouTubeを用いた配信ですがチャンネル登録者数が1000人必要。

したがって、これから1000人集めるのは難しいため他のライブ配信ツールを用いて行う。今後の勝手に情報大ラジオで生ライブを行う際にさまざまなツールを用いて行なっていく。

ライブでやるのかオフラインでやるのか

前提としてライブ配信を行うにはネット環境の整った部屋で行う必要がある。

ライブの方法として

①ライブ配信と収録編集したものを流す方法
ライブ配信に加え事前に撮影したものを VTR のような形で放送する 具体的な方法 YouTube・ツイッターさらにじめ撮影した映像を組み合わせて配信を行う

②映像を作って YouTube に UPする方法
ライブの配信ではないため動画をUPする環境があればok

メンバーの中からライブの配信方法に関して意見
Zoomを用いた授業に参加した際に動きがカクカクで見づらかった。とのこともあり今後の試験的にライブ配信を行う際はZoom以外のツールを使用して行うことにします。


今回はライブ配信に関する意見交換で時間となったため以上のことで終了いたしました。

全体を振り返って(佐野)

今回はライブ配信を行う前提で進めたが、ライブ配信で行おうとすると配信アプリ・ソフト に関する事前知識が必要。その為準備の段階でかなり時間がかかることが分かった。
スピード感重視で行くのであればライブ配信を行うよりすぐに企画を具体化し学校に提案。 簡単に動画編集を行いアップロードしてしまう方が時間的にも良いと感じました。

コメントは受け付けていません。